2019年06月23日

茶処 古家 

昨年より、一期 二期 工事とお仕事をさせて頂いた古民家へ
お伺いいたしました。

飯山町にて、古民家を住居とお茶所(和cafe)にされる工事を
ご一緒させて頂きました。
最初にお伺い、お話を聞いてから、約一年が経ったようです。

茶処 古家 現状です ↓

P6230033.JPG











P6230028.JPG











P6230035.JPG











P6230024.JPG











P6230042.JPG











引越しや、その他作業がある為に、開店は少々先になる見通しとの
事ですが、古民家のもつ雰囲気を十分に引き出し、更に手を加え
気持の良い空間と時の流れを造り出しています。

この日は、うす曇の最中でありましたが、風が気持ちよく、
風鈴の音が畳の上をすべり、まさしく違う時間が流れているようでした。

開店が待ち遠しい、飯山の古民家です・・。










posted by 香川古民家 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月20日

瓦の改修工事

先日より壁の改修工事を行っておりました、古民家にて
屋根の改修工事に入りました。

寄棟の屋根の部分を改修し、となりの本瓦部分は
補修工事とします。
今後の補修計画も照らしながらの工事となります。

今の所、空梅雨のせいで、工事ははかどっていますが
来週はどのように天気がお仕事をさせていただけるか・・

お天道様 よろしくお願いします〜!

■写真は工事の様子です↓

IMG_5973.JPG














IMG_5971.JPG














IMG_5970.JPG



















posted by 香川古民家 at 00:00| Comment(0) | 伝建地区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月16日

物件募集です

古民家再生協会への問合せで多いものが、
『古民家の物件を紹介してほしい』ですが、
なかなか、物件が無いのが現状です。

不動産は“縁”の様な不思議なタイミングがあり、
決まる方は、難なく決まるのですが、タイミングがなかなか
決まらない方が大多数です。

大抵の古民家には、家具や仏さんがあり、移動や移転が
なかなか難しいので、売買や賃貸に手間が掛かるようです。

空き家の問題や有効活用の問題もありますので
古民家所有でお使いになってない物件がありましたら
お気軽に、申し付け下さいます様、お願い致します。











posted by 香川古民家 at 00:00| Comment(0) | 伝建地区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月13日

蔵補修も随分、できました。

5月より行っておりました、蔵の補修工事も随分と進み、
仕上げ工事を行いました。

下地を大工に作らせ、左官屋は下地2回、中塗り〜仕上げ と、
仕上げまでに、なかなか手こずります。

◆工事の経過↓

P5180006.JPG











P5210017.JPG










P5230055.JPG











P6120044.JPG











P6120046.JPG











P6130052.JPG











職人さんは、生真面目に一つ一つ、これしかない と、
コツコツ作っていきます。

さて、これからは申請をきちんと仕上げる、私の番です。
仕舞いまで、きちんとやっておきます〜。









posted by 香川古民家 at 00:00| Comment(0) | 伝建地区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月09日

令和最初の床下探訪でした

4月の終盤に平成最後の床下・小屋裏探訪を行いましたが、
5月の終盤には、令和最初の床下探訪が待ち受けていました。

高松市東部にある、立派な古民家です。

このお宅は、3年ほど前に耐震診断を行っていましたが
地震に対し不安が募っているという事で、改修工事を踏まえた
ご相談に伺っていました。

まずは現状把握という事で、調査を行った次第であります。

外見と歩行調査で大体の見当は付くようになって来ましたが
あてずっぽうではいけないので、やはり床下及び小屋裏は
人が入って、見て、感じて、考えて、行かなければいけません。

幸いこの古民家では、室内の保存状態が良く保たれていますので
大きくいじる事はなさそうです。

また、一軒の古民家が維持されると思うと
とても嬉しく思います・・・。

◆物件の床下。
 乾燥していて、腐朽もなく、いい状態です。↓

P5310090.JPG















posted by 香川古民家 at 08:06| Comment(0) | 伝建地区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月06日

とても残念です・・。仕方ない・・

私の地元で大好きだった建物がなくなりました。。

以前より状態が良く無く、何時まで有ってくれるだろう と
前を通る度に冷や冷やして居りましたが、
ついに、手が入りました。

なおすのには、多額の費用がかかります。
このまま、ほおって置く事も、危険がある状態にも
なっていました。
なかなか他に選択肢もありませんので
残念ですが、
致し方ない と、思います。。。










posted by 香川古民家 at 00:00| Comment(0) | 伝建地区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月02日

登録有形文化財 改修工事

高松市内にある、古民家の改修工事を行っております。
地元に根付く呉服屋さんですが、
道路側の漆喰の状態が悪くなり補修するのと、
蔵に引っ付いていた建物を解体した後の壁の補修です。

この地域では、高松市の都市景観条例がありますので
まずは、市と前打合せを行い、申請→許可、補助金依頼→許可と、
工事までに2ヶ月ほどかかります。

建物はその時代時代によって、使用用途や役割が変わります。
その代わり具合に対応していかなくてはなりませんが、
木造住宅は割りと、その対応に柔軟です。

補修工事等に費用は掛かりますが、
当時掛かっただろうと思われる手間代と意匠を考えると
補修・改修工事のほうが、結果的に良い物であろうと思います。

カッコイイ建物が残ってくれると思うと、気持ちが落ち着きます・・。

◆補修中の様子です↓

P5160035.JPG











P5180005.JPG












P5180006.JPG












posted by 香川古民家 at 00:00| Comment(0) | 伝建地区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月05日

GW最終日に

超大型連休も最終日となりました本日ですが、
明日からのお仕事、皆さん大丈夫でしょうか?

私は普段なかなかできない、庭弄りを黙々とこなして居りました。
AIや機械化が進む昨今ですが
庭弄り、庭造りには、なかなかそういった文明は
入り込めないように想います。

なにはともあれ、また明日よりご安全に〜!










posted by 香川古民家 at 00:00| Comment(0) | 伝建地区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月02日

ご提案でありました。

この冬よりご連絡頂いておりました、高松市の古民家改修工事の
二回目のご提案をさせて頂きました。

ご予算とご希望を提示頂き、内容を自分で呑み込みながら
調査〜検討〜ご提案とさせて頂きました。

市の補助金等を活用しながら、なんとかご希望に近いものができたようで
提案後にご納得頂けた様子を拝見できて、ホッとしました。
この後、申請を始め、今年の10月辺りの完成に向けて
工事が始まります。

目の前に広大な杜が広がる風光明媚な場所にある為
なかなかしっかり考えて仕事に入らないといけない建物になります。
今しばらく、計画への考えを深めて順次段取りを始めていこうと思います。
工事の段取りが付きましたら、こちらでUPさせて頂きます。。。

※写真は調査に入った時の建物の様子です↓

PC150001.JPG











PC150020.JPG












IMG_5226.JPG





















IMG_5230.JPG




















posted by 香川古民家 at 18:22| Comment(0) | 伝建地区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月28日

二回目の再生工事 陶の古民家

この古民家では、光栄な事に二回目の再生工事を任されました。
年明けより工事に入り、打合せを重ね、ようやく出来上がりました。

今回(2回目)の再生完成写真↓
P4250015.JPG












P4250025.JPG











P4250057.JPG













P4250051.JPG












P4250042.JPG




















P4250061.JPG


















1回目の再生工事では、年配ご夫婦が営むお蕎麦屋さん。
今回は子育て世代の若夫婦の住処となります。
お子様とのびのび暮らしたいとの希望を適えられて
嬉しく想います。

1回目の再生工事完成写真↓

DSC_8048.JPG
















DSC_8039.JPG















住み手によってさまざまに生れ変れるのも、日本古来より伝わる
伝統的構法の良き処だと思います。
末永く、楽しみながら古民家生活を過ごして頂けたらと思います。









posted by 香川古民家 at 13:02| Comment(0) | 伝建地区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする