2021年10月10日

丸亀の古民家 工事進んでいます。

丸亀市で行われている、古民家改修工事も段々と進んできました。
梅雨に始まった工事も、屋根工事・耐震工事と進み
内部の造作工事へと入りました。

ここからは、具体的に仕上がりへと繋がってきます。
また、お施主さんもようやく工事が進んで来た実感がつかめ、
色決めや、電気配線等の具体的な話が出てきたりして
楽しくなってくる頃です。

梅雨から始まってすでに、5か月が過ぎようとしていて
まだ2か月以上は掛かると思われますので、
やっぱり古民家改修工事は時間がかかります。
ひょこっと建つ、新築とは時間の流れが全く異なっています。

この古民家も150年の歴史がありますので
その位時間を掛けての改修工事の方が、建物の合っているのかも
しれません。

※写真は現場の様子です。

P9300006.JPG














P9300007.JPG














P9300004.JPG
















posted by 香川古民家 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月07日

古民家のご相談です。

中讃にて、古民家のご相談を頂きました。
いつものように “どうしたらいいのやら??”と、いうのが
最初のお言葉だったのですが、
ご家族の中では、改修工事への方向性がだいぶ固まっているようで
ああ、壊されないでよかった と、ホッと安心しました。

古民家改修工事は通常のリフォームに比べ、金額が張りますので
なかなか腰を上げにくいですが、
新しく古民家の雰囲気がある建物を作ろうとすると、
現代では通常の建物より、よっぽど建築費が掛かります。
建物の状態にもよるのですが、改修工事の方が金額的に楽にできます。

お施主様の意見等ありますし、スーパーで野菜を買うような金額では
ないので、ゆっくりと、じっくりと
いろんなお話を交わしながら、計画が進んでいけばいいと思います。









posted by 香川古民家 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月03日

小屋裏探訪でお勉強

高松市内の古民家にて、小屋裏調査に入りました。
この地域一番の庄屋であろうお宅は、部屋からして
どれだけお金持ってたんや?と思うほどですが、
小屋裏に入っても、しっかりした仕事をしていました。

この日は丁度、大工も現場にいたので
二人で想像を膨らませました。
“おそらく、使っている木は、切り出してから3年程は最低乾燥させ
建てるのにも数年かかってるなあ〜。この村在住の大工では
ちょっとしんどいなあ〜。街の方から大工、建具屋、左官等
相当人数引っ張ってきてるのでは?車の無い時代屋から、
どこかの家で寝泊まりしたか、先に寝泊まりできる小屋を建てたか・・。”

“この柱は、おかしいなあ??
これは、後で、建てた当時を知らない人が建ててるなあ”

こんな話を交わしたりするのも、とても楽しいです。

現地を見ていると、いろいろ苦労や知恵が見えてきて
建築中の大工や職人らの息遣いも聞こえてくるように
思われます。
機械、車、電気の無い時代に、一生懸命頭と経験を駆使している
古民家の隠れている所が、お気に入りです。

小屋裏の様子です

PA010032.JPG
















PA010026.JPG



















PA010029.JPG





















posted by 香川古民家 at 13:52| Comment(0) | 伝建地区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月30日

和瓦と本瓦

日本瓦は大きく二つに分かれます。(ここでは平板瓦は割愛しますね)
和瓦 と 本瓦 です。
◆写真上側は和瓦、手前側は本瓦

PA010055.JPG















本瓦の方が歴史が古く、本瓦が改良されたのが、和瓦と言われています。
本瓦は一体物ではなく、平部分を先に葺き、丸瓦を乗せていきます。
和瓦は一体物となっていて、本瓦より更に雨風につよい仕組みとなっています。

古民家の屋根は
垂木(木材)で、骨組みを造り、竹を並べ、藁を敷き、その上に土を盛り
土に瓦をはっ付けていきます。
瓦は土にはっ付いているだけなんですね(要所では針金で結ぶ)。
少々の雨風では水は瓦の中には入らないようにできていて、
限界を超えて、屋根の中に入ったとしても、土・ワラがその下にあり
染み込ませて、家の中に入ってこない、仕組みをとっています。
当時、自然素材の土・竹・木・ワラなどしかないので、その材料を
いろいろと試行錯誤して、この仕組みが出来たのだと思います。

現代人も本瓦、和瓦とも、進化させた形を持っていて、
試行錯誤しながら、良い物を追及しています。

街を歩くとき、一度屋根をじっくり見てみませんか??
◆写真は本瓦です。とてもカッコいいです。

PA010043.JPG















PA010042.JPG
















PA010041.JPG



























posted by 香川古民家 at 00:00| Comment(0) | 伝建地区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月26日

西讃にて古民家改修PLANです。

西讃にて、古民家再生工事のPLANを立てています。
4LDKの田の字型のまどりを、思い切って2LDK+土間に
しようとする、計画です。

部屋が少なくなる(間取りが変わる)という事は
柱や構造材について、検討が必要になります。
古民家の天井裏は、在来木造と違って、梁は大きく
曲がっています。思っていた部分に建物の荷重が
架かっていなかったりしますので、PLANの決定を
左右する柱の位置は、小屋裏をしっかり把握してからと
なります。
わりと自由になる、木造建築でも
『ここだけはどうしても』という部位があります。ので、
早々に案をまとめるのではなく、じっくり構えて
お施主さんと相談していく姿勢が必要ですね。

柱位置、構造〜以降も、仕上げ・材料・機器・そしてお金。
いろんな検討事項が控えています。
良い古民家に生まれ変わると嬉しいです!

※丁度一年程前に完成した、古民家です。

P7260025.JPG













P7260114.JPG













P7260048.JPG
















posted by 香川古民家 at 13:50| Comment(0) | 伝建地区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月23日

小屋裏利用

古民家の改修工事で頼まれる内容で多いのが
小屋裏の利用です。
普段は天井の中に隠れている空間が、改修工事によって
認識されることになり、“少しでも利用できないもの??”と、
お話を頂きます。

利用するにあたり、ああして、こうして、こうなって、、と
注意するところや、費用対効果、検討することをお話して
小屋裏計画を立てていきます。

当然ながら、階段が必要になったり、暖冷房の事、窓など、
良い事ばかりではありませんので、デメリットにも
関心を寄せておかなくてはいけませんね。

いろいろ考えましょうね。。

※写真は丸亀で行わている、古民家再生工事
 小屋裏の工事が始まったところ
 丸太が混ざり合う場所に、小屋裏計画は結構難しいです。

P9230001.JPG













P9230003.JPG














posted by 香川古民家 at 00:00| Comment(0) | 伝建地区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月19日

古民家のご相談でした。

中讃にて、古民家のご相談を頂きました。
石場建ての建物と、廻りの不動産との兼ね合いのご相談でした。
耐震改修工事も検討事項に入っていて、
数種類の業務が絡み合う、建築・古民家・不動産、連携の
ご相談となりました。

お施主様の近いうちの将来の安泰の為、今できる事を
考えておこう、という事が主旨となりますので
出来る限り、将来に不安を残さないご提案が
できれば良いと思います。

古民家をできる限り後世に残すために、
古民家と併せて、不動産のご提案も致します。
どうぞお気軽に。。











posted by 香川古民家 at 17:01| Comment(0) | 伝建地区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月16日

古民家の用途変更

古民家はもともと “住宅” として、つくられたものです。
最近、古民家cafeとか、宿泊施設とかに転用(用途変更)されている
物件がありますが、建築基準法上では用途変更(特殊建築物)に
当たる場合、確認申請が必要となります。
確認申請が必要となった場合、現状の法律に合わせなさいよ という事に
なるのですが、構造体とかは合わせる術がほとんどなく、あきらめる事が
多かったのが現状でした。

空き家の問題が多くなり、令和2年の法規制で200uまでの用途変更は
確認申請が不必要となりました(オールフリーではないですよ)。
これに伴い、随分と用途変更が楽になり、壊されるかどうかといった
古い建物が残されるようになったり、活用されるようになったと思います。
かといって、何も規制されないわけではないです。建築基準法の他
消防法や衛生法等、他の法律も併せて守って下さいね!

不安な場合は、お問合せ下さい!

※写真は古民家を甘未処に再利用した飯山の物件です。

P6230033.JPG












P1290018.JPG












P1290008.JPG











P1290024.JPG












P6230021.JPG












posted by 香川古民家 at 00:00| Comment(0) | 伝建地区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月12日

古民家の丸太

古民家の醍醐味の一つに、小屋裏(屋根裏)の丸太がありますよね。
皆さん、すごいね〜〜と、おっしゃります。
凄いと思います。
すごいね〜と、おっしゃる方に、丸太の取り出し(生えている木から)、
現場までの運搬、製材の仕方、組み方、設計(墨出し)等など、
当時の作業風景と方法をお伝えすると、皆さん目をキラキラさせて
更に、すごいね〜〜と、なります。
ホント、すごいんですよね。。

古民家の再生時、この丸太を見せて欲しいというお施主様が多いです。
煤けた太い丸太、見ているだけで時の過ぎるのを忘れて
しまうかの様です。
丸太に墨書きなんかあると、最高ですよね!

◆写真は丸太の現し、何点か・・。

P1290014.JPG












P3270023.JPG


























_E3A5801_R.jpg


















posted by 香川古民家 at 17:50| Comment(0) | 伝建地区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月09日

ああ、またなくなるのか〜

気になっていた古民家が解体されていました。
随分状態が悪かったので、これ以上は危険と判断されたのだと思います。

協会を立ち上げるきっかけになったのも、カッコいいと思っていた
古民家が、パッと消えるようになくなり、駐車場になったりしていたのを
せめて、図面や写真でも残せないか。。できれば何らかの形で再生に
繋がらないか。。との思いから左官屋、瓦屋、設備屋、建築屋6人で
話し合ったりしていたのが始まりでした。
発足より11年。
数多くの古民家のご相談に伺いました。
立派に再生した古民家も多くありますが、残念ながら解体された
物件もあります。

簡単に残してほしいとは言えません。
残すことには、大変な量力が必要です。
お金もかかるし、精神的にもしんどいかもしれません。
でも、少しでも、なんとかならんかなあ??と、思えるようでしたら
お気軽にご相談ください。
お問合せで一番多いのは、“どうしたらいいの?”の問いかけです。

少しでも、後世に伝統建築や文化・想い出がつながれば
幸いです。

◆神戸にある箱木家住宅(箱木千年家)
 10年前に視察に伺った時の物。
箱木家住宅説明はこちらより↓
https://www.city.kobe.lg.jp/a21651/kanko/bunka/bunkazai/estate/bunkazai/syokai/hakogi.html

P1070892.JPG














P1070947.JPG


















P1070929.JPG



















posted by 香川古民家 at 11:51| Comment(0) | 伝建地区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。