2010年09月13日

三木町山村集落活性化(2)!

昨日の記事より地域の方よりコメントが帰ってきました。
昨日の記事→http://kagawa-kominka.seesaa.net/archives/20100912-1.html

**コメント***** 
☆彼岸花ロード☆ 
彼岸花が咲く季節が参りましたよ♪
三木町小蓑で先日も、岸の草刈をしちゃいました。
暑い!苦しい!でも通る方に「きれい」と喜んでもらいたくて・・・。
高齢化・人手不足で草刈など困っています。
自然が好き、農作業が苦にならない方、どこかに居ないかなあ?

**************************************************
高松市内より車で30分程度で、こんな綺麗なところがあるのか?と思える場所です。
山間を流れる川は澄み、雲は高く、空気は旨いです。
今後、昨日のような試みを開始しますので、どうぞ皆さん見に来るだけでも
来て見て下さい。

写真は小蓑の自然と田圃
DSCF0014.JPG








posted by 香川古民家 at 09:16| Comment(0) | 地域活性化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月12日

三木町山村集落地域活性化案

三木町小蓑地区で協議が行なわれている『山村集落地域活性化』です。
地区では高齢化が進み、田畑の耕作も出来ない状態の場所が多く出てきています。
また、自然豊かな地区を高松地域の方に認知してもらい、
賑やかな村の創出を検討しています。
地区ではこんな事を検討中です。
@田畑のレンタル〜耕作の指導もできます。
A収穫祭    〜 出来た物を頂きます。
B移住の協力  〜空家の賃貸・移住地の斡旋
C植樹     〜高松の桃源郷を。川を大切に。
D見晴台・集合場所〜古民家利用
地域住民の方々が現在思案中です。地区の方々と、高松地域の自然を愛する方と
双方の利益が上手く絡み合うようにお手伝いできると良いと思います。
@の田畑のレンタル等、農業指導もしていただける魅力的なものと思います。
ご興味のある方、こちらまで問い合わせ下さい。
http://www.kominka-kagawa.net/contact.htm

写真は当地の畑と自然
DSCF0013.JPG








posted by 香川古民家 at 09:54| Comment(2) | 地域活性化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月01日

多度津の町並保存!(3)

夏に簾戸の入っている御宅を香川で拝見したのは初めてでした。
旅館や京都、写真では良く拝見はしますが、実際の住居でこの時代に
障子から簾戸に入れ替えるとは、素晴しい伝統だと思います。
その伝統を守っている心意気に、打たれる物があります。
まず、冬と夏とで戸を入れ替える作業と、戸の手直し、そして保管する場所が必要となり、大変な手間です。
現在ではエアコンという文明の利器があり、スイッチ一つで暑さから逃れられますが、
そういう物がなかった時代に、風を室内に通す事を考えた戸です。
見た目も確かに涼しそうで、エアコンより簾戸の方が心は落ち着きます。
多度津の文化の奥深さを感じました。

写真は和室の簾戸
DSCF0158.JPG





posted by 香川古民家 at 08:53| Comment(0) | 地域活性化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月31日

多度津の町並保存(2)

多度津の町並み保存では、文化財登録も視野に入れて活動を続けています。
この日は文化庁の調査官に来県頂き、調査に加わって頂きました。
文化財登録は想像するよりは規制が優しく、無理のないものだと思いますが、
地域住民の皆さんの連携と石の疎通を図るのはなかなか難しいものと思います。
今後、多度津の町並みがどのように注目されていくのか、まだ道は付いていませんが、
これだけの建築文化が残されている場所は、四国にもそう無いと思いますので、
是非、町外の皆さんにも注目頂ければと思います。

写真は石川金物店の外観と調査官
DSCF0166.JPG










合田酒店にあった、棟札と酒元帳(312年)
DSCF0170.JPG






posted by 香川古民家 at 13:24| Comment(0) | 地域活性化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月30日

多度津の町並み保存!

多度津の町並みを残す為、どろんこクラブの亀山先生達と地元関係者が協力しています。
この日は文化庁より担当官を招き、存続に向けて調査が入りました。
多度津七福神と呼ばれた合田邸から始まり、約10件の邸宅と旧一文字防波堤、
多度津給水塔まで見学させて頂きました。
金毘羅参りと港での商売で繁栄した多度津の街は当時の面影がまだ残っており、
文化財としての価値は充分あると思う町並みです。
この文化財を多くの方に見ていただけるよう、価値の存続と、発展に進むと
良いと思います。

写真は出発前の亀山先生とメンバーの方々。


DSCF0126.JPG









多度津の街並み


DSCF0149.JPG




posted by 香川古民家 at 09:21| Comment(0) | 地域活性化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする