2013年02月02日

再生の依頼を受けたなら〜!

古民家、古民家ならずとも、耐震〜リフォーム工事を依頼したときに
天井裏と床下を確認しないで、提案書を持ってくるようなお店は要注意です・・・。
この部位は、確認しにくい所で、確認しようとするとそうとう汚れますし
道具も必要となってきます。

しかし、ここを確認しないままに工事を確約しかかってしまうと
状態が良ければいいのですが、状態が悪い場合は大変です。
工事を始めて、悪い所が出てくると
悪いまま蓋されるか、良くて追加工事の大幅依頼です。。。

ですので、プラン依頼したときに、その担当の方が
どこまで確認しているかで、その工事の良く先も大体ですが
確認できるようです。。。

今後益々、世の中にリフォーム工事会社は増えると思います。
ご注意くださいね〜!


※写真は先日依頼された再生工事の確認時に撮影した床下の様子ですよ!
 床下に湿気は無く良好な状態に見えますが、実は大きな欠陥がありました。。。

P1010577.JPG














posted by 香川古民家 at 00:00| Comment(0) | 伝統資材施工技術士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月25日

古材を利用した家・・。

古建具や古材、古欄間、古家具等を利用した家を推進しています。
古民家のお話をよくご相談いただきますが、
使わなくなった物も、使えるなら使ってほしいと、ご相談頂きます。

これらの材料は、倉庫に保管し 悪くならないように管理しています。
出番を待っている資材ですので
ご利用希望の方は、お問い合わせ下さい。
いろいろ、ご提案させて頂きます。

※写真は古材と古建具を利用した新築住宅です↓
 良い雰囲気となっていますよ!

009.jpg











posted by 香川古民家 at 00:00| Comment(0) | 伝統資材施工技術士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月10日

伝統的構法 講習会・・・!

H24年度、国土交通省 住宅市場整備促進事業の
セミナーが行われました!
本日は、木と家の耐震 といった内容で、香川大学の宮本教授に
よる講義を伺いました。

一般の民家に伝わる耐震、そして古来より日本に伝わる伝統的構法の
耐震を詳しくお話し頂き、誠に興味深々の内容でした。

木造の耐震性能については、一括りにでき無いものが多く
含まれています。そこの詳細は現場を熟知している職人と
設計管理を行う者の技量に左右される事が多いと思います。

私たちは多くの学習を行い、間違いの無い方法を
ご提案致したく、勉強を行っています!!

※写真は本日行われたセミナーの様子です↓

2013-01-10 11.05.43.jpg










posted by 香川古民家 at 22:57| Comment(0) | 伝統資材施工技術士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする