2021年03月07日

考え方は人それぞれです

集会場の腰掛の補修するのに、現場を拝見に伺いました。
ちょっと、想像と違いましたので、驚きました。。

木造は継手が鉄やアルミ、コンクリート等に比べ弱く
水分に対しても耐久性がありません。
普通に考えると4本柱をイメージすると思います。

人それぞれの考え方として、写真のような2本柱でも
良いかと思いますが、なかなか想像できない作り方に
斬新な感覚を受けました。
スペースとデザインと考えたのでしょうね〜。。

◆腰掛

P3060004.JPG












P3060003.JPG













P3060005.JPG













posted by 香川古民家 at 00:00| Comment(0) | 伝建地区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: