2020年12月10日

さぬき市の古民家改修工事・白熱中!

さぬき市で改修工事に入りました古民家、現場は白熱してしてきました。

床を落し、悪いところに手を入れて、新しく床を造るのですが、
この古民家棟札があり、その棟札には“安政”と、書かれています。
江戸時代後期、安政の大獄の安政かと思いますが、そうだとすれば
160〜165年程前に建てられた(安政は1855〜1860年)建物です。

床の全貌(西半分ですが)が現れると、数十年前に足元を治した後が
見受けられます。昭和とかそんな時代の改修跡ではないようで、
大工が苦労して治している様子がとって見れます。
大体建物は見えるところには悪い部分はありません。
見えないところ(床下や屋根裏)に、致命傷や工事が大変な部分が
隠れていて、だからこそ工事前の確認が必要になります。

“こりゃ、治した大工苦労したやろうな” と、今の大工が言うてます。
なかなか、面白い場面です。
今から、今の大工が苦労するのですが・・・。
大工と知恵を合わせて、古民家をなおしていきます。

※柱の足元に木材を足して突っ張っていますが、
 その突っ張っている木材も腐朽が始まっています。この部位は屋根からの
 荷重が梁を通してしっかりかかりますので、隣接して梁を受ける柱を
 もう一本追加します。

PC080016.JPG














※書院の片方を小さい木で突っ張っています。
 ここは構造的にそう荷重を受ける場所ではありません。
 まっすぐ(水平)にはしておかないといけません。

PC080014.JPG












※大工さん、何やらシコシコと建具廻りを治しています。

PC080018.JPG











※西から見た古民家
 イロハモミジと奥の銀杏の紅葉が素敵です。古民家はこれだから、たまりません。
 この紅葉の横が新しく玄関となり、入り口戸が入る予定です。
 一棟貸予定の古民家・宿泊者はこの入り口戸を開ける時、良い景色に出会えるように。

PC110054.JPG












PC110056.JPG


















PC110057.JPG























posted by 香川古民家 at 00:00| Comment(0) | 伝建地区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: