2019年12月08日

なるほど、こういうことか・・。

高松市内にて、行っている古民家再生工事ですが、
工事も佳境に差し掛かり、見える世界も日に日に変わってきます。

この日は、内装工事も終わり、掃除を行っている最中に
“ハッと”する、借景が飛び込んでみました。

PC060077.JPG













2階の和室縁側より望む、八幡様の紅葉です。
年月を得た(経た)和瓦に、縁に施された洒落た造作、
黒く色づいた床板、それに映える紅葉・・。
幼い頃からの想いでも合い間っているでしょう。
そりゃあ、再生してここに住めたら と、思いますよね。
羨ましく思います。









posted by 香川古民家 at 14:29| Comment(0) | 伝建地区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: