2018年02月22日

見事な石組み

築150年と言われる“蔵”を拝見させて頂いておりますが、
その基礎の石組みが立派過ぎて、立派過ぎて、凄いです。

コンクリートの基礎よりまっすぐでは無いかと思える
その技量は、150年前に今のような機械の無い時代に
いったいどれほどの人工と時間をかけるとここまでの
精度が出るのか、理解できないほどです。

まさに神業!

良く聞く言葉ですが、やっぱり昔の人はすごい です・・。

3段積の蔵の基礎石。蟻どころか、髪の毛の入る隙間もありません↓

PB040002.JPG








P2270002.JPG








P2270003.JPG








PB040019.JPG









posted by 香川古民家 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: