2014年09月22日

第五回 建築を学ぶ学生と数寄屋古民家の集い 開催します!

三木町にある数奇屋建築古民家“渡邊邸”にて、5回目となる、
“建築を学ぶ学生と数寄屋古民家の集い” を開催する運びとなりました。
現地では、当主による建物と数奇屋に関する説明、お茶のお接待。
また、当協会理事(それぞれが建築・古民家維持再生に係る)が待機し、
学生達の質問に対し答えます。建築を学んでいる学生達に、
日本人の持っている“和”の心根を少しでも学んで頂き、
将来の建築活動に活かしていただければとの考えで、計画・実行致します。
最後には、学生達が庭掃除を行ない、恩返しを行う取り組みです。

◆三木町渡邊邸について
『揚(あげ)家を語らずして茶室を語るな』という言葉がある。京阪にまで
聞こえた数奇屋大地主、揚家十茶室のうち五つを渡邊邸に移築。伝来の“鯰魚庵”
と合せて名席六室がここ渡邊邸にあります。讃岐を代表する数奇屋建築物。
◆活動背景    上記説明にある数寄屋古民家を所有されているオーナー(60代女性)
         でありますが、庭の掃除には大変苦慮。特に草抜きには体力的にも非常に大変でした。
         良き数寄屋の風情他漂うこの建物を、建築を学んでいる方達に見て触って
         日本人のDNAとして残る様勉強して頂き、その代り苦慮されている草抜きを
         みんなで行うと、良い関係が築けると活動開始(今年で5回目)。
◆概要      日時:平成26年9月26日(金) 9時半〜12時頃まで
         場所:三木町白山
         内容:9時半頃〜オーナーのご挨拶、数寄屋・建物・お茶と建築について説明
            学生による草抜き〜11時半頃終了
         詳細:下記問い合わせより
            http://www.kominka-kagawa.net/contact.htm

※写真は昨年の様子です↓
P1010794.JPG









P1010788.JPG









P1010806.JPG










 

posted by 香川古民家 at 09:25| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: