2019年06月02日

登録有形文化財 改修工事

高松市内にある、古民家の改修工事を行っております。
地元に根付く呉服屋さんですが、
道路側の漆喰の状態が悪くなり補修するのと、
蔵に引っ付いていた建物を解体した後の壁の補修です。

この地域では、高松市の都市景観条例がありますので
まずは、市と前打合せを行い、申請→許可、補助金依頼→許可と、
工事までに2ヶ月ほどかかります。

建物はその時代時代によって、使用用途や役割が変わります。
その代わり具合に対応していかなくてはなりませんが、
木造住宅は割りと、その対応に柔軟です。

補修工事等に費用は掛かりますが、
当時掛かっただろうと思われる手間代と意匠を考えると
補修・改修工事のほうが、結果的に良い物であろうと思います。

カッコイイ建物が残ってくれると思うと、気持ちが落ち着きます・・。

◆補修中の様子です↓

P5160035.JPG











P5180005.JPG












P5180006.JPG












posted by 香川古民家 at 00:00| Comment(0) | 伝建地区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする