2018年06月28日

打合せ行いました

飯山町にて、古民家改修工事を予定されているお客様と
打合せをさせて頂きました。

国道沿いの良く目立つ大きな古民家ですが、
部分的に増築がなされていたり、雨漏りが在ったりします。
悪い部分は解体工事を施したり、繋がっている古くない建物は
耐震工事を行ったり、いろいろ試行錯誤し、お施主様の要望に
可能な限り近づけるよう、お話を聞きます。

前回お邪魔した時に、屋根裏と床下の調査は行いましたので、
建物のコンディションは把握できています。
お施主様のご希望を伺い、構造的なものと、プラン的(配置)なものや
明るさ、寒さ、暑さ、風の抜け道、視線の先、等一度には解決しませんが
図面に描いたり、経験と照らし合わせたり、職人さんの意見を聞いたりしながら
少しずつ、計画を立てていきます。

工事はお盆過ぎてからでしょうか。。
竣工は年明けになるでしょう。。

あせっても、良い事は余りありませんので、じっくりと腰据えて
構えます。

◆調査時の古民家↓
大きな梁が、土間全体にかかっています。これぞ古民家!
P5100006.JPG











床下と屋根裏の調査も必ず行います。
見えないところが大事なのです。
P5100121.JPG












P5100136.JPG

















posted by 香川古民家 at 00:00| Comment(0) | 伝建地区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月24日

府中の古民家 工事終わりました〜

府中にて行っておりました、古民家改修工事が終了致しました。

築約100年のお宅の屋根から、水漏れがしているとのことで
主に屋根の改修工事となりました。

屋根は瓦土葺きで、結構傷みも在りましたが、母屋や垂木といった
木材の構造材は健在だったために、割と軽症でなんとか工事ができました。
◆完成した屋根と、補修を行っている時の写真↓

P6150026.JPG











P6150028.JPG











P6150031.JPG










P5290015.JPG










P5290024.JPG










P5290013.JPG










今回の工事で、弱点の屋根水周りが克服できましたので、
この古民家はまた数十年、無事に過ごすことができると思います。
府中の歴史ある建物が、後世に残っていく事に、とても嬉しく思います。









posted by 香川古民家 at 15:00| Comment(0) | 伝建地区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月21日

解体工事のご相談を頂きました

県内にて、築70年の古民家を御所有の方より
解体のご相談を頂きました。

まだ、実際に解体工事を決心されるまでには、至っていない様子でしたが
所有されている維持に困られている様子でありました。

現在、古民家は人気ですが、
実際に所有するとなると、いろいろ大変なことがあります。
いい事ばかりでも、ないようでした。

今後、いいご提案ができるよう、協会としても検討していきたい
ところです。










posted by 香川古民家 at 00:00| Comment(0) | 伝建地区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする